カマンダHOME
ようこそ プロフィール 著作一覧 文学賞 詩 グリオ書庫 グリオギャラリー 動画
最初の人間 Le premier homme 大地の血 Sang de la terre
虚ろの言葉 Le langage du vide 歴史 Histoire
黄昏 

星の蝕 

詩を支えるもの 

 
詩  風の中の言葉 Ma langue au vent
 
最初の人間 Le premier homme
カマ・シウォール・カマンダ 詩
塚原 史 訳
ああ、踏みつけられた我らの魂の中の永遠の星よ、
我らに時代の星型の根を示せ、
そこでは埃まみれの我らの記憶のために夜明けが立ち上がる。
我らは虚無の中にいるが、
我らの逆転された眼球にも動じないのは
高揚感で満たされた大地だ。
魅せられた神々、解き放たれた神々が、
我らのうちに受肉する! 天上の画家は我らに語った、
「黒人が人間たちの最初である!」
「 霧の歌 」 Chants de Brumes, 1986
Copyright by Author and Translator
作品の著作権は原作者および訳者に帰属します。無断転載を禁じます。
トップへ
大地の血 Sang de la terre
カマ・シウォール・カマンダ 詩
塚原 史 訳
おお、人種主義よ!恩知らずな私生児たちを
不安にさせる漂流よ。
黒人を侮辱する者は
みずからの起源を不名誉で汚す者だ!
言語以前の言葉の根から
黒い身体の奥深く
想像力が目を覚ます。
神々の精神は粘土に塗れた物質のうちにしみこみ、
宇宙の本質のもとで姿をあらわし、
黒い人間はもろびとの親密さのうちに
姿を変えて一体化する。
おお、詩的な恩寵よ、
私は永遠という伝説を思う、
無限という両義性を、
絶対という啓示を、
神託と予言者たちの
嘘だらけの弁明を、思う。
おお、大地の血よ!
使い古された言葉の宇宙、
いま私はおまえの聖なる年代記の
根そのものだ。
星たちは私の岸辺を養い、
私の内部でその存在を耕す。
「 霧の歌 」 Chants de Brumes, 1986
Copyright by Author and Translator
作品の著作権は原作者および訳者に帰属します。無断転載を禁じます。
トップへ
虚ろの言葉 Le langage du vide
カマ・シウォール・カマンダ 詩
塚原 史 訳
人間よ、おまえの夢を
沈黙の囲いにあわせて整えるのだ!
太陽におまえの心を開くのだ!
沖の高波が
呪術の炎を
不幸の荒れた砂の
奥底へと連れ去る。
忘れっぽい記憶、
言葉がおまえたちの内側で
虚無の魅惑を指し示す。
人間の起源の積み上げられた痕跡が
無限の支配の上に築かれる。
その中から我らの世界が顔を覗かせるとき!
いま、私はさまよう魂を見ている、
王国を売り渡した王の魂が
神の影に紛れこむのを、
地上の物乞いたちに
詩人の命を要求するのを。
けれども強靭な精神の力は
傷ついた草の下で
その戒めの壁にまたしても穴を穿つ
恐怖の畝のように。
「 星の蝕 」 Eclipse d’etoile, 1987
Copyright by Author and Translator
作品の著作権は原作者および訳者に帰属します。無断転載を禁じます。
トップへ
歴史 Histoire
カマ・シウォール・カマンダ 詩
塚原 史 訳
知らせを運ぶ者たちが、
粘土の神々の力を借りて、
時間を遡るために
ふたたび生まれることを思いつく。
我らの涙と我らの汗が染みこんだ大河のような時間!
すると我らのサヴァンナの精霊たちは
森の火に眠りを破られて立ち上がり、
風の中に生の動きをとらえる。
虚無の奥底でまだざわめく
騒々しい嵐の中で私の訴えは沈黙する。
おお、永遠の庭師よ、
私の作品は祖先たちの栄光をたどる、
エジプトとヌビアのバントゥーのファラオたち、
エチオピアの女王の勇敢な雌ライオンたち!
うつろう歴史は炎に投げてもかまいはしない、
私は歴史の灰を海にまき散らそう、
鴎たちの喝采の下で!  
 
「 魂の中で海がざわめくとき 」
Copyright by Author and Translator
作品の著作権は原作者および訳者に帰属します。無断転載を禁じます。
トップへ
黄昏 
カマ・シウォール・カマンダ 詩
塚原 史 訳
マングローブの木の上で空が薔薇色に泣いた。
ヴァーミリオン、太陽が荒れ狂う水に溺れて、
そのあいだに鳥たちが地平線を引き裂き、
夜の叫びがサヴァンナを目覚めさせる。 (抜粋)
「 霧の歌 」 Chants de Brumes,1986
Copyright by Author and Translator
作品の著作権は原作者および訳者に帰属します。無断転載を禁じます。
トップへ
星の蝕 
カマ・シウォール・カマンダ 詩
塚原 史 訳
泣け、おお若葉のない樹木よ、
我らの季節の貪欲な大地の上で!
雷が地平線に署名する!
稲妻が空の仮面を裂く、 (抜粋)
「星の蝕」 Eclipse d’etoile、1987
Copyright by Author and Translator
作品の著作権は原作者および訳者に帰属します。無断転載を禁じます。
トップへ
詩を支えるもの 
カマ・シウォール・カマンダ 詩
塚原 史 訳
芸術は我らを未完成の探求へと導き
詩は我らに絶対への到達を許す。
生と愛と希望の言葉、
死の中で存在を赦免する言葉が
内なる試練の絶壁から落ちてきて、
残酷な苦痛に凍てついた我らの主題を
山脈から転がり出る石に変える。
変異者である我らの運命でつくられた山並み。
おお、我らの隣人たちを寄せ集めた、不可能の顔よ、
それはもの思う精神に眠る途方もない夢想、
戦を好む敵に狙撃された存在の目覚め
蜂起して存在の細切れの錯乱を取り囲む、獰猛な敵たち。
「夢たちの亡命」 L’Exil des songes,1992
Copyright by Author and Translator
作品の著作権は原作者および訳者に帰属します。無断転載を禁じます。
トップへ

This poem is quoted from "GENDAISHI TECHO, November 2000 "
and the reprint is permitted by SHICHOSHA Co.Ltd.
思潮社より掲載許可を頂いております,「現代詩手帳」(2000年11月)掲載